【GLENROYAL】コンパクトでお洒落な小銭入れを買った

こんばんは。

普段大きめの財布を持ち歩いてる方々多いと思います。

しかし、近くへお出かけの時や手ぶらで出かけたい時に

大きめの財布がちょっとしたお荷物になってしまうことがありますよね。

 

そんな方々に今回ご紹介したい小銭入れがあります。

 

【SMALL PURSE/GLENROYAL】

 

 

 

 

 小銭入れに見えない形

実際購入したSMALL PURSEはこちらになります。

f:id:null10blg:20180702211532j:image

普通の小銭入れには見えない見た目をしていますよね。

基本的に思い浮かべるような小銭入れはBOTTTEGA VENETAのラウンドジップ型やLOUIS VUITTONの二つ折りタイプのコインケースになると思います。

 

 

 

 

今回購入したSMALL PURSEは一見カードケースかなと思ってしまうような見た目になっております。

イメージ的にはサブの財布のような形ですね。

私は以前購入したZIP AROUND LONG PURSEのサブの財布としてこちらを使っています。(カラーは合わせてCIGERにしました。)

 

 

www.null10blg.net

 

変わった見た目はしていますが写真を見ていただければお分かりの通り

色、艶、形で申し分なくカッコイイですね!

 

どのくらい入るの?

開いてみたのがこちら。

f:id:null10blg:20180702212146j:image

購入時点では少しスナップボタンが固く感じます。


一つ目のボタンを開いてみると小銭を入れる用のポケットがありますね。

その前後にカード、折り畳んだ紙幣を入れられるポケットがあります。

(私は後ろのポケットにカードを入れています。前のポケットはUSBを入れたり使わなかったりです。)

 後ろのポケットにカード(電子マネーカード、診察券、ポイントカードなど)は最大10枚近く入れることができます。

もちろん小銭の量も関わってきますが。

その小銭も20枚は余裕で入ってしまうほどの広めのポケットです。

前のポケットは小銭を入れるポケットを留めるボタンがあるのでカード類を入れると小銭が取り出しにくくなるのでUSBなどのちょっとしたものを入れるか何もいれないのをお勧めします。

f:id:null10blg:20180702212149j:image

 こちらの写真のようにGLENROYALのロゴである『薊』が押されています。

薊の花はスコットランドの国花になっています。

ちなみに花言葉は『独立』です。

2014年の独立運動が最近のように思えますし、

独立のイメージが強くある国の一つですよね。

 

このロゴがあるからこそのGLENROYALなんですね。

 

気になるお値段

もちろん皆さん気になるのがお値段になると思います。

Amazonでは16200円(税込み)となっております。

私が購入したのはBRITISH MADEのオンラインストアでした。

こちらも同じく16200円で買える他、

Amazonアカウントを使用しての購入もできます。

 

少しお高いかもしれませんが

買う価値はかなり高い財布であると私は思います。

 

自分だけのGLENROYAL

いくらGLENROYALがあまり知られていないブランドだとしても

どこかで被ってしまうこともあると思います。

自分だけのオリジナルが欲しいと思っている人にピッタリのサービスを

GLENROYALは提供しています。

その名も

『パーソナルオーダー』

先ほど16200円と言いましたが、こちらのパーソナルオーダーでは

約5000円upの21060円で購入できます。

・レザーの配色

・ステッチのカラー

・ロゴのカラー

といったものを自由に選ぶことができます。

そうしてできた自分だけのGLENROYALを持つことができるんですね。

(私は購入時にこの存在を知りませんでした。)

 

 自分だけっていう特別さがより愛着を強めてくれると思います。

 

 

まとめ

 今回はGLENROYALのSMALL PURSEを紹介させていただきました。

私の中でも少しずつこの財布が特別なものになり、

愛着も次第に強くなっていく日々を感じています。

 

今、少しでも良い小銭入れを探しているとしたら

今回ご紹介した財布をぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。